04012018

ようやく今年が始まったようです。

2018年の今まで、3月いっぱいが、余韻めいた過去の残響だった。

前に進もうという心地が生まれていなかった。

桜が咲きはじめたことで、新しい季節がやってきたことを実感できた。

年齢を重ねて重くなってきた腰、しかしこれから重ねる年齢を思えば今が一番軽い腰。

今まさに立っている場所をはじまりとして、また進んでいきましょう。

周りにいるみなさんは、もう新しい世界へと足を踏み出している。

新たな環境はまさにめくるめく。

優雅に軽やかにありたく。

まずは目下、6月に控えているライブ、生涯最高のステージを約束いたしましょう。

トライしてみよう。

 

写真は過去の私と娘。

嘘です。

たまたま今日撮った写真(これは本当)。

 

 

「やりたいことやってていいよね」と、芝居をやっているころに言われたことがあり、それはそうだと思い、「そうだね」とその時は応えたのですが、本当のところ、芝居はやりたいことだったのだろうか?と思います。

が、そのときの自分に聞けば、きっとやりたいことだったのでしょう。

では今「やりたいことなに?」と問われたら、一様に答えることはできなそう。

いろいろありますし、かといって限定して「これ!」というのがあるかといえばそんなことはない。

すぐに答えが出る種類の事柄ではない。むしろ答えなんていらなくて、常に「どうしようか」と、問い続ける方が良いと最近は体感しています。

なので常に問い続けています。

春です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top