いつもの風景

161125-kichijoji

この数日で葉がすっかり落ち、季節がぐぐぐっと深まった。

いつも通る場所だが、今日のように見えるのは今日だけだ。

じっくりと今日の空気を吸い込み、深く呼吸する。

雪でなくても娘はきゃっきゃしている。

そういえばおとといだったか、登園の際にすれ違った同じクラスの男の子のお母さんが、娘に「いつも楽しそうだねー」と言った。確かに登園時の娘は楽しそうだ(別れ際は時折ぐずったり泣いたりするが、泣く様子はちょっと嘘泣きっぽくて、きっとすぐにけろっとするのだろう)。

転園したての4月や5月は毎日泣いて大変だった。すっかり慣れて、もう馴染んだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする