いまだ宿る青春という恥ずかしくも輝かしい時代のごったがえし―『哀愁の町に霧が降るのだ』椎名誠

先日、阿佐谷にて当時の仲間たちと酒を浴びるように飲んだのだけど、そもそも阿佐谷にて共同生活をしていたのが2000年の頃から4年ほど。集まった皆は、ほとんどがこの小説を読んでいた。 作家・椎名誠が実際に共同生活をしていた頃 […]

夏に焦がれ焦げつき

ちょうど去年の今頃に、故郷の海岸で撮影した写真だ。 去年の今頃は、故郷の海に行っていたのだ。 もうすっかり忘れていたな、写真が覚えていたのだ。   夏が来れば本調子、という淡い期待を胸にしながら湿気をやり過ごす […]

湿気と雑を経て次へ

梅雨独特の湿気にやられていろいろと雑になっていましたが、じっと座ってみたり、辛いものを食べたり、切った貼ったすったもんだしていたら、かきーん!となって復活の呪文が唱えられた模様。   連日の宴にすっかり身体がぐ […]