桜、桜田門

20160408sakuradamon

皇居桜田門から覗く桜。天気の良い日は自転車で通勤、毎日この門をくぐっていくのです。こんな風に桜が見えるなんて、今まで気付きませんでした。その名も桜田門ですもんね。昔の人も、このような視線で門越しの桜を見たんでしょうかね。

桜田門といえば、井伊直弼が切られた桜田門外の変が思い浮かびます。その様子を見ていた桜だったのでしょうか。

とは思いながらも、ソメイヨシノであるならば、おそらくは明治の頃に植樹されたものかなと推測されます。ソメイヨシノは明治政府が植樹を推奨したのだそうです。

最近、ソメイヨシノの寿命60年説を耳にします。そのために切り落とされてしまう桜もあるそうです。それが続いてしまうと、各所の桜の風景も変わってしまうのでしょうか。

リンク先の記事によれば、きちんと樹を診て健康状態を保つことが必要だそうです。樹のお医者さんが、各地の桜を診て回っていたりするのでしょうか。それはどうやって調べればわかるのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする