2016年5月時点、今年読んだ中ではベストの一冊。『未来に先回りする思考法』佐藤航陽

FullSizeRender (9)

今年読んだ中ではベストと言える本書。

 

15年ほど前、SEをしている友人が、
「人間っていうのは、猿から進化して、コンピューター(アンドロイドやロボット)に至る、
進化の中継点みたいな存在なんだと思うよ」と言っていました。

SFだなあと、その時は思ったのですが、最近目にするワードを眺めていると、友人の言葉が現実味を帯びてきたと感じざるを得ません。

 

ITから始まるテクノロジーが飛躍的進化を遂げている現代、社会を取り巻くルール・構造自体が次々と変わりつつあります。例えば2015年は人工知能元年といわれ、各国のグローバル企業が本格的に事業参入を表明した年でした。そして現代は、自動運転や宇宙開発が本格化され、国家以上の力を持つようになったグローバル企業が、国境を越えて事業展開をしています。

 

新たなテクノロジーにかんするワード(AI、VR、IoT、他にもたくさん)が次々と耳に入ってくるけれど、果たしてそれらは私たちの生活に、どのようにかかわってくるのだろう?
そして、この先の、人の未来はどうなるのだろう?
社会が、世界が音を立てて変わろうとしている。そんな時代のこれから先を生きていくためには、どのように思考すべきなのか。

 

そんな疑問、不安に対して、現時点での明快なアンサーが書かれた一冊。
この本を読んでいるかいないかで、これから先の未来の見据え方が変わるのでは?と思えるレベル。示唆に富み過ぎて、ちょっとやばいと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です