体育っぽいことはしていないけど休日

tokyo-dome-city-201610

娘が自転車に乗ることに慣れてきたので遠出。家から東京ドームシティまで。20~30分くらいかかったか。娘の自転車操作に特に大きな心配もなく来ることができ、その成長を実感。本人はどんな心地がするものだろう、達成感とかは感じるものだろうか。まだあまりそういうのは無いものだろうか。

東京ドーム周辺にはジャイアンツのユニフォームを着た人たちが多いなと思ったら、今日はCSの大事な試合だったんですね。あとで知りました。

その後本郷台地の坂を上がって本郷三丁目方面へ。なか卯で昼ごはんを食べて、リニューアルした文京区立真砂図書館へ。新しい図書館は楽しい。ずっと居られる。やはり自分は図書館が好きなのだということを改めて実感する。いちにち居てもきっと構わない。

そして帰宅。それなりの距離を自転車で走り切ったことは喜ばしい。本人も嬉しそうだった。

帰宅してからクッキーを作ってみた。昨日も作ってみて、クッキー作りは意外と簡単なのだということを発見し、今日も作ってみたくなったのだ。砂糖と小麦粉とバターを混ぜてこねて、ココアパウダーを混ぜたものと、プレーンなもの(バニラエッセンスを数滴)を作って、子も楽しそうに参加して作った。普段クッキーというものを自ら食べることはほぼ無いが、自分で作って食べるのはおもしろい、ということを知ったのでまたやるかもしれない。本当においしいクッキーというのはどうやって作ればいいんだろう。

夕刻になってランニングしようかと思ったが、急に冷えてきたのと体調が万全ではないような気がしたのでやめて、じっくりヨガをして身体と対話する。いつもやっている動きを点検するように、身体の各部位を確かめるように。そうすると少なからず発見がある。呼吸を通して無理な力が入っている箇所を発見し、意識して力を抜けば、他の箇所も連動して力が抜けてほぐれて、今まで稼働しなかった箇所まで伸びやかに感じられるのだ。

ひとつずつ獲得していく感覚。積み重ねていくような感じ。新しいポーズを試すと、また自分の意識の届かなかった身体の部位に気付く。不慣れな部位は当然こわばっており、かたくなに動こうとしない。そこに対して呼吸を吹き込んでやわらかくしていく。一日ではすぐに上達はせず、日々少しずつ身体に問いかけていき、やわらげていく。そうやって積み重ねていく行為としてのヨガの動きがおもしろくて、今年の7月頃からなんとなく始めているが、飽きずにもう3ヶ月が過ぎた。きっと自分に合うのだろう。少しは上達している実感がある。インストラクターにでもなるか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする