娘、生まれて初めて野良猫のキキに触る

えっなに #寺の猫

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

今日は木陰で寝ているのを発見し、近づいたら逃げる様子もなく、結構ちゃんと寝ていたのだろうか、こちらに気付いても動かずにぼんやりしていた。

娘に「今日は大丈夫かもよ」とうながしたら近づいていき、手を伸ばしてみても逃げる様子はなく、生まれて初めてキキに触ることができた。キキは特に動くこともないが「まあ触られても仕方ない」みたいな表情を浮かべていた。娘はずいぶんと喜んで、「はじめて触った!はじめて触った!」とはしゃいでいた。

今日は夕方の迎えにも行った。帰宅して娘は絵日記に「はじめてキキにさわった」と書いていた。絵には猫(キキ)の絵と、さわっている自分の手、あとは周囲に沢山のマルが描かれていた。これは何を書いたの、と聞くと「シャボン玉」と応えた。なるほどシャボン玉はなかっただろうが、あってもよかったような気分だったのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする