【大相撲】稀勢の里の劇的が過ぎて震えて奮った

20170326

写真は雨の中ランニングさなかの文京区播磨坂。サクラはまだまだ。

大相撲三月場所、稀勢の里が怪我をおしての劇的な優勝を果たした。

それはもう、この数年の相撲の歴史を通しても、ずいぶんと劇的な出来事だったのだ。

先場所の初優勝から横綱に。今場所、あやういところもありながら、順調に勝ち星を重ねゆき、全勝優勝もいけるかと思った13日目の日馬富士戦にまさかの敗退&怪我。

出場も危ぶまれる中の出場、14日目の鶴竜戦はまったく力も出ない様子。これはもう無理だなと思った中の千秋楽、照ノ富士戦。

照ノ富士は前日琴奨菊戦で、まさかの変化で勝利。勝ちへの執念はわかるものの、会場からは大きなブーイング。琴奨菊は大関復帰が果たせず。

さまざまなドラマが絡み合い、今場所の取り組みには大きな一番になる。

そこに劇的が。まさかの稀勢の里勝利からの優勝決定戦、そして再びの勝利!

優勝!男泣き!

これほどまでに心を揺さぶられる力士がいただろうか。稀勢の里自身は意図しない、劇的を招く力は、長い長い耐え忍ぶ時間を経ての開花、観客にもたらされるカタルシス。どうにも人間臭くて、共感を震わせるのだ。

長らく相撲を観続けて良かったと思えた今場所。そうなると来場所が楽しみである。まずは怪我をちゃんと治してほしくて、そして大横綱白鵬との、真向の戦いを期待するばかりである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする