どんな対話を

20170414sakura

葉も交じり、ピークも過ぎたが、青空をつかもうとする花の豊潤が喜ばしく、見上げた頭上の枝ぶりに見惚れる。

充分だ。感謝だ。

ひとつ、大きな仕事に区切りがついたが、ゴールデンウィーク前までは予断を許さない。まだまだいくつかのミッションを経ねばならない様子だ。

が、ミッションがやってくること自体を自分で選ぶのは困難であり、そう思うとあとは自分の捉え方、善悪交えずに、いかにそのミッションを受け止め、よりよい形で次に渡すかだろう。

桜の満開を見るといつも、よりよくなりたい、より豊かに咲き誇りたいと思う。

あふれんばかりの豊かさに圧倒されているばかりではあかん負けんぞという気概は持ち続けていたいが、今日もずいぶんなおじいさんが何とも言えない表情でこの桜を見上げていて、何とも言えない気分になった。

どんな対話をしていただろうか彼は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です