新しいランニング・シューズ「GELFEATHER GLIDE 4-wide」その響きだけでわくわく

running-shoes

2017年5月21日日曜日。新しいランニング用シューズを購入しました。
(それはハレな出来事です)

神保町にあるVictoriaのアスリート専門店に行き、店員さんにいろいろ相談。

なんだかすっかり走ることが習慣で、大会に出ることも頻繁になり、そろそろワンランク上のシューズが欲しかったのです。

店員さんと相談し、いくつかのシューズを試し履きし、ちゃんと足のサイズを、長さ(縦)だけでなく、足の甲も含めた幅広(横)も図ってもらい、そのうえで根拠のしっかりしたおすすめをしてもらって、より適したシューズを提案いただきました。

3点のシューズを試し履きした結果「ぴたっ」という感覚があり、「こいつだ」という勘が働いた写真のシューズ。

おかげで「よしこれにしよう」と、納得のいく買い物ができたので満足です。

本当は、いくつか提案をもらって、候補になるシューズを3点くらいに絞り、その上でネットで調べて、最終的にはネットで買えばいいかなと思っていました。それの方が安く購入できるような気がして。

けれどもその店員さんの接客で、「この店員さんの提案を信じよう」という思いが沸き立ったことに加え、やはり実際に履いてみての「こいつだ」という出会いの感覚に心が動いたのです。やりますねVictoria。



ポイントは3点

・自分のランニングのレベル
→フルマラソンは走ったことがあり、次はハーフマラソンの大会を控えている。10kmはそれなりに走ることができるようになっている。

・自分の足の特性
→足の幅や甲の高さ、走りのクセ。軽く走っただけで「内側に足が傾く癖がありますね」と言われましたが、それで故障することはないので、きっと関節が柔軟なんでしょうねとのこと。

・デザインの好み、履き心地
→そればっかりは履いた人自身の判断。

購入したのは、アシックスの「GELFEATHER GLIDE 4-wide」というモデル。

今まで履いていたものに比べだいぶ軽く、これは軽快な走りが期待できます。

というわけで、購入して帰宅、早速走り出したい!と思いましたが、

休日日曜日はだいぶいろいろ歩き回ったので無理はせず、少しずつ足になじませていこうと思います(この文章は実際に履きながら書いています、書き進めているうちに愛着が沸いてきます)。

とりあえず平日のどこかで隙を見て走ろう!

そして先に控えるハーフマラソンに向けて、体調を整えよう!
(お酒を控えよう!飲み会のお誘いは慎重に!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする