準備・本番・余韻の時間

20170612

6/11・南魚沼グルメマラソン2017を経て、帰京。

またひとつ大きなイベントを達成し、さて次に向かうはライブ!です。

でもちょっとその前に。

今年のグルメマラソンは非常に快適快走だったのですが、それもそのはず。昨年2016年の時と気温が10度も違ったそう。タイムも去年と今年とでは、なんと20分!も違っていました。

→去年の様子はこちら

気付けばいろんな大会に出ていてすっかりランナーみたいですが、今大会は「走ることは楽しい」と、実に感じたのでした。今までそんな風に思ったことってあまりなかったのですが、さまざまな条件がそろってそのように感じることができたというのは、とても幸運なことに思います。ありがたい限りです。

さまざまなタイプの「本番の時間」があり、そこを目指して「準備の時間」があり、本番を経ての「余韻の時間」があります。

先週は那須旅行の「本番の時間」で、そこを経ての「余韻の時間」は同時にマラソンへの「準備の時間」でありました。

そしてマラソンを経た「余韻の時間」は、次に目指すべくライブに向けての「準備の時間」です。

「本番の時間」は、本当に限られたもの。しかしそこは本当に濃密で、あっという間に過ぎゆくからこそ、しっかりとした「準備の時間」が必要です。

というわけで次に向かおう。時間は限られています。

結果すべてが「余韻の時間」に回収されてしまうからこそ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする