打ち上げ予約の電話にて

20170622

※写真は一昨日訪れた神保町・三幸園の餃子定食。美味かった!

 

今週末に先日のライブの打ち上げを予定しています。

大人10人強、子供も10人近くの大人数。

となるといつも場所の確保がひと仕事なのですが、メンバーのパパからおすすめの中華料理屋を教えてもらい、近隣では皆知っている名店で、2階にそんな広いスペースがあるのは知らず、それはいい!と、とりあえず火曜日に電話をして場所は確保しておきました。

 

で、だいたいの人数と料理やお酒の相談をしようと、今日改めて電話。

 

私「・・・・」

お店の人「はいー、もしもし!」

私「あの、週末の夕方から予約しているものなんですけど」

お店の人「あー、はいはい、予約だいじょうぶですよー」

 

最初に場所の確保をしたときは、外国語訛りの女性の方で、ちょっとたどたどしかったので大丈夫かなと思っていたが、今日電話口に出たのは同じく外国語訛りの男性の方。

 

私「人数が大人子供合わせて20人をちょっと超えそうで、まだ確定はしてないんですが」

お店の人「あー、だいじょうぶだいじょうぶ、美味しいの用意して待ってるよー。お子さんは何人くらい?」

「10人ちょっとだと思うんですが」

「おーけーおーけー。大きい子?」

「大きくて5歳くらいかな」

「おーけーわかった、まかせといてー。ぎょーざとかチャーハンとか、おいしいのいっぱい出すからねー」

「お金ってどれくらいかかる感じですかね?」

「まあ4000円くらいで、おいしいの出すからだいじょうぶだいじょうぶー」

「人数がまだ決まってないんですけど」

「おーけーおーけー、おいしいの出すからだいじょうぶねー」

 

なんて調子で終始相手の「おいしいの出すから」ペースに巻き込まれ。

こちら最大で大人子供で30名近くなってしまうおそれがあるのですが、お店の人の外国情緒あふれる「だいじょうぶだいじょうぶ」に、思わず笑ってしまい、

「だいじょうぶだいじょうぶどうにかなる、細かいことなんか気にすんな!」的な勇気をもらい、なんだか晴れやかな心地になったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です