さあその先にはなにがあるだろう

20170702

近所にある富士神社の祭礼に足を運ぶ。

蒸し暑さ。そうだ、夏の暑さだ。

 

去年の様子は→こちら

去年の桜の頃の様子は→こちら

 

 

何かとイベント続きだった6月が終わり、やってきたのは夏。

しばし緩やかな日が迎えられそうでなにより。感謝。

しかしまた秋に向けて、いろいろとやっていかねばなりません。

 

ひとつの場所を目指して、うわわわわ、と駆け抜けてゆき、ひと息つくと、また次に向かうべき場所が見えてきます。今はまた次の場所が見えている段階。見据えながら整えながら、同時に準備し、動いていく段階です。

 

さあその先にはなにがあるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です