空だったのに

去年までそこには無かったビルに夏空を見上げ

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

高層ビルがにょきにょき生え続けている都内は、かつては空だった場所がどんどん床になる。

それはよく考えてみたら不思議だ。

だって空だったのに。

写真は通勤途中にいつも脇を通る「赤坂インターシティAIR」という高層ビル。

気付けば天がだいぶ近い高さになっていた。

この8月に竣工、9月には開業なのですね。

このサイトでは、さまざまな高層ビルを紹介しています。

建設中の高層ビルも出ているので、「あそこで作っているビルはなんだろう」というのも、調べるとわかるみたいですね。

そうやって次々と空が床になっていく東京どこへゆく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする