炎天下ランの先にあるものはなんだろう

夏ですねー。

夏いねー。

 

昔一緒に住んでいた久我くんが、「夏」と「暑い」をかけて「夏いねー」とよく言っていましたが、僕の中では夏のたびに思いだす言葉です。久我くんは「夏いねー」を流行らせようとしていましたが、僕の中ではしっかり流行っています。

 

さすがの暑さに最近はやられて、自転車出勤はせずに電車で出勤していましたが、今日はがんばって自転車で出勤!

 

まだ夏のはじまりの頃なので、風に涼しさも混じり、湿気も軽減されているのでさらっとしています。日差しは暴力ですが。

 

途中途中休憩しつつ、それでもやはり皇居を通ると、劇的に暑い昼日中を走る勇者もしくは物好きが結構いるんです。今日は10人くらいとすれ違ったか。

 

暑さか疲れかあるいはなにかに苦悶する表情のランナーたちとすれ違います。きっと好きなんでしょうね走るのが。走らずにはいられないのでしょう。

 

僕もランナーのはしくれではありますが、さすがにこの炎天下を走ろうとは思いません。

 

いやちょっと待て、それじゃあいつまでたってもはしくれのままなのかもしれないぞ。いっぱしのランナーたるもの、この真夏もばっちり走るべきなのかもしれない。

 

あるいはあるいは、この灼熱の中を走りぬけることで、また違った風景が見えてくるのかもしれない。走り終わった後のビールは、これまたサイコー!であるには違いない。

 

サイコー!なビールにどれだけ出合えるか。それもまた夏の課題のひとつなのであります。

 

走ってみようかな…。いややめといた方がいいだろう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です