遠目近目で堪能ジャコメッティ展

彫刻と来館者が等価に見える #ジャコメッティ展

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

ずっと行きたかったジャコメッティ展へ。

土曜日あさイチ(10時過ぎ)で行ったので、そんなに混んではおらず。その作品群を堪能しました。

「見ること」「見るものをそのまま作品化すること」を重視した芸術家・ジャコメッティ。美術館独特の静けさに鎮座する彫刻、素描、多くの作品が展示されています。

途中途中の通路壁面にジャコメッティの言葉が書かれています。その多くはジャコメッティについて書かれた書籍で読んだものでしたが、あらためてその言葉に触れると、特別に思われます。

中でも「彫刻でも文学でも絵画でも、作品になってしまえばあまり価値はなく、むしろその過程の方が重要である」みたいな言葉が響きました(言葉自体は正確ではないです、うろおぼえ)。

9月までやっている展覧会。あと2回は観に行きたい。いや行くべきであります。

『ジャコメッティ』~彼の言葉を心に生きてゆく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする