まっあお

娘と保育園にいく道すがら、娘の手の爪がまあまあ伸びていることに気付いた。

しかも爪は黒くなっていて、それはきっと砂遊びとか泥遊びとかで爪の間に砂や泥が入ってそのままになっているんだろうと思い、「爪がまっくろだよ」と言ったら娘が「まっくろじゃないよ」と言う。

「見てごらんよ、砂とかが入ってまっくろになってるじゃん」

というと、

「まっくろじゃないよ、まっあおだよ」

聞くと砂とか泥ではなく、絵の具?クレヨン?とかそういう画材的なものの青色が爪の間に入ったのだそうだ。

だから「まっあお」。

まっあお!

生まれて初めて聞いた言葉だ。

ちょっと言いづらい。

(声に出して言ってみてください)

そんな今日は墓に囲まれた石造りの場所にいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする