自然が作り出す円に魅入られ

東京タワーを中心に、ほんの数分現れた円形の虹は季節の変わり目を告げ #虹

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

 

夕刻、外を見たらずいぶんと色映えた夕景、

綺麗だなーと思っていたら、

よく見たら虹が出ているではないか!

すかさずスマホに広角レンズを装着し、撮影したのがこちら。

まるでタワーを中心に、円形ドームが浮かび上がる。

なにかの前触れなにかの予兆?

しばし自然が作り出す現象に魅入られたひとときであったのでした。

 

ところで虹は、その昔は虫の一種と考えられていたという話があり。

漢字に虫偏が入っていますし。

虹を虫、と捉えるスケール感の違い、既存の範疇はあくまで既存であり、もっともっと思考は型を外していかなければならないというのは、まるで空に大きく股をかける虹の姿を見るたびに思い起こされる「より自由な発想」。

凝り固まるなって。

 

大きな虫が東京上空に降ってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です