台本書けました

今日はいた猫のハナ。

眠そうなのか機嫌が悪いのか、伏し目がち。ちらっとこちらを見たけれど、「ハナ、ハナ」と話しかけたけれど、その後は微動だにせず。きっと眠かったのだろう。

 

無事台本は書けました。

「試みること、それが一切です」

くだものがかりのリーダーKATSUYUKIに送り、これでまたひと段落。

 

9月は大小様々なミッションがあり、ひとつひとつをクリアして、どうにか無事に終わろうとしている。来週あたりで一応ひと段落し、そして次のフェーズへ。そのまま年末まで駆け抜けるだろうか。

 

多くの物事が同時に進行し、終わっては始まり、始まれば終わる。

力がついてくるというのは、余計な力が入らなくなるということか。

その時々においてできうる限りやれるだけのことを。

数十年前、「大丈夫、あなたはあなたの踊りを踊りなさい」と、かつて踊りを習った先生・ジュリーはアドバイスをくれた。

その言葉を信じてひたすら踊っているといえば、どうやらそのようだ。

眠くなったら眠ろう、ハナのように周りを気にせずに。

そして踊りは終わらずに、まだまだ続くみたいだ。

ステップを続けることだけはやめてはいけない。

「考えることだけはやめちゃだめだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です