ハナひさびさ

雨めいた秋の朝、久々に寺の経蔵の下にいた。 眠そうにしていて、近くに寄って写真を撮ろうとすると、うっすら目を開けてこちらを見るが、特に動こうとはしない。 おそらく触ることもできただろうが、しなかった。 しばらくぶりだった … 続きを読む ハナひさびさ