すぅーっと

病み明けで仕事してたら仕事は沢山なものだからすっかり没頭して過ぎた。

それもよいです。むしろよいかもしれない。

 

「いちばんの難題に、朝一番に取り組む」ことで、その日の仕事は順調に過ぎる。

一日に使うことのできるアタマの働きは限られており、昼食を食べるともうアタマは働かなくなってしまうので、考える必要が多い仕事は早めに終わらせる。

昼食後はどちらかといえば身体を動かしたり、型の決まった仕事の時間にする。

そのためには自分の仕事の種類を把握し、分類する。

 

最近よく目にする「働き方改革」→「生産性の向上」を扱う本にはだいたいそのようなことが書かれている。

そして残業はせずに早く帰ろう、と。早く帰ってちゃんと睡眠を取ろう、と。

 

睡眠の重要性を説く本も多くなった。健康的な食事と睡眠をとり、ちゃんと仕事をしよう、と。

来たる寿命100年の時代においては、無理は禁物だと。

大きな文脈はそのあたりにあるようだ。

 

十月桜がぽちぽちと

10月もあと1週間。去年の秋は晴れた日が多かった。

今年は少ない。十月桜がまだ咲いていない。

「咲かないねー」と娘と言いながら寺を抜ける。

 

そうですしっかりちゃんとした青空を希望します。

台風の過ぎ去った直後にひととき、味わうことができたか。

青空抜ける外気に身をさらして すぅーっとしたいものです。

広い場所 抜ける風を浴び 余計なものたちを忘れる すぅーっと できるだけ長い瞬間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です