赤坂日枝神社

普段の通勤圏内にはありながら、山の上にあるので行ったことのなかった赤坂日枝神社。

休憩時間の合間があり、初めて訪れました。

都会のど真ん中にありながらの不思議な雰囲気。

平日昼過ぎでありながら、それなりに訪れる人は多く。

手を合わせ、時折来ようと思った次第。

 

去年のブログ記事をなんとなく読み返してみると、記憶はずいぶんと身勝手に忘れ去られており、いちおう毎日書いている文章が記憶を補完してくれます。

それにも増して写真が、記憶とリンクして、文章ではこぼれ落ちてしまう場面の印象を呼び起こしてくれます。

その瞬間瞬間、写真を撮った時においては気付かないようなこと、あるいは時間の経過とともに意味を帯びる風景。

実に多くのことが、思いがけずにブログ記事から沸き起こってきて、こつこつとでも積み上げてきたものの、経年の威力を思い知る。

記事を書いていた時の自身の楽天さを思い起こして叱りつけてやりたくなったり、であるならば今の自分も叱られるかもしれないぞ。

 

時に境内で手を合わせ、何を思うことなく何かを祈る。

ただそれだけのことですが、そのまるで、無意味にも思えるような時間性に、フラットな自身の居場所を確かめる術があるような。

だからというわけではないですが、機会あれば手を合わせます。

信心深いとかそういうことでもないな。そうしたいというだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です