ゴッホ展 ~巡りゆく日本の夢

 

住まいのあるビルを出てすぐに感じたのは「秋がいちだんと深まった!」ということだ。

 

 

上野に自転車で。ゴッホ展を観に行きました。

土曜日の午後に行ったので、それはもう混雑していました。

入ってすぐにある「自画像」がすこぶる強烈で。

そのまなざしの深みにやられてしまう。ずっと見ていられる/ずっと見ていたいが、そのまままなざしの奥に連れていかれてしまうのがアブない。

ゴッホの自画像は何点か観た事があるのですが、いずれもいずれ、魔力のようなものがあり、まるで見透かされているような心地がします。

あるいは問いを向けられているような。「お前はどうだ、向き合うべきところに向き合っているか」と。

非常に体力がいります。しかしずっと見ていたい。

「自画像」ただ一点観に行くだけでも価値がある展覧会ですね。

 

いやもちろん他にも見どころは沢山。

うねる筆致、弾ける色彩、魂が溢れ出るとはこういうことを言う。やはりゴッホの絵は面白い。

 

 

しかしその混雑には参りました。

平日の午前中はやいときに、もう一度行きたい。

東京では1月初旬までか。その後は京都に行くのだな。京都に行こうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top