2018猫のカレンダー「詰所の猫」

いつも朝、登園の折に通っている清掃員のおじさんに、猫のカレンダーをもらいました。

詳しくはこちら↓

猫のカレンダーの件

 

で、実際に本当にカレンダーをいただいたのです。

 

タイトルは「詰所の猫」。

 

 

写真がお上手!

通りすがりでは撮れないような、ほっこりした写真ばかり。

全部で10部作ったと仰っていました。こんな希少なものをいただいて、なんだか申し訳なく有難く。

 

 

「祝一才ギンパチ」と書かれています。

エビの天ぷら?シャケ?

ギンパチ、いまいち嬉しそうではないですが、一才のお祝いだったのでしょうか。

きっと場所は詰所ですね。詰所で開催されたギンパチの一才の誕生日の様子だったのでしょう。

 

 

 

三匹そろって気持ちよさそうに日を浴びています。

貴重なショット!

清掃員のおじさんは日々いらっしゃり、信頼されているからこそ撮れる一枚でしょう。

 

 

 

はっ!8月!

猫のカレンダーのはずなのにっ!!

 

このお寺には狸がいる、という噂は聞いたことはあるんです。

それがどうやら写真に収められた貴重な一枚。警戒心が強いでしょうから、これは珍しい。

 

しかし狸は、このお寺の敷地内、どこからやってきて、どのように生きているのか。

どこかにつがいがいるのか。お墓のどこかに秘密の穴があって、狸の楽園があるのか。

想像が膨らむばかりです。

 

 

 

10月の猫は、以前撮った写真の猫に似ています。

おでこから鼻にかけての白い模様が。

同じ猫だろうか?

 

今日の猫さんのいい顔

 

ただ毎日、娘を連れて登園して、たまたま挨拶をするようになり、猫の話になり、そうしたらカレンダーをくれた、そんなことがあるんですびっくりです。

「来年もまた作ってあげるからね」と仰ってくれましたが、もう来年は毎日お寺を通らないんです。

そのことが何だか申し訳なく。

 

 

ありがたいものをいただき、なにかお礼をしたいと思ってはいるのですが、なにがいいだろう?

猫の写真を沢山撮ってはいますが、現像してそれをあげるのもなんだし、曲を作ってあげるというアイデアもありますがそれもまあなんですし、

いちおう歌詞はある程度書けていて、タイトルは「今日は会えるかな寺の猫」ですが、

 

猫のカレンダーをくれたおじさんに、なにか良いお礼はないですかね?

アイデア絶賛募集中です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です