紫陽花の写真を撮るのって難しい!って思うんです

ajisai-2015

紫陽花の季節になり、街のあちこちできれいに咲いていますね。
ここにも、あそこにも、けっこう紫陽花は目に留まります。
庭先に株を植えている場合もあるんでしょうね。あるいは手入れせずともたくましく増えるのでしょうか。花屋さんでも鉢植えで売っているのを見かけます。

こちらのサイトによれば、紫陽花は男性・女性の好きな花ランキングの第4位なんですね。
ちなみに男性の1位は桜、女性の1位はバラだそうです。

ところで、目に留まって気になった紫陽花を時折写真に収めるのですが、数ある花の中でも紫陽花って写真に撮るのが難しいなと思うのです。どうやって撮ると良いのかなと。

で、画像検索でいろいろ見てみると、「ボケ感」と「光」をうまく使っている写真はきれいですね。

最近の撮影はもっぱらiphoneなので、ボケ感はどうだろうな…。「光」は梅雨時だけに、なかなか条件が良いときにめぐり会わないってことになりますかね。だから難しいのかな。

などと思いますが、今年はできるだけいろいろ試してトライして、よし!と思える写真が撮れればと思っています。それができるようになれば、写真道をまた一歩進んだことになるのかなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする