beat-it

ただ純粋に楽しいから踊る、その踊りがさらに見ている人たちへも伝播する、見る側を夢中にさせる、それで十分。歌声に興じる、絵画に釘付けになる、まるで時間を忘れる。何度も何度も子供のように、その作品に夢中にさせてくれるもの。それはいったいなんだろう。

人それぞれ、それぞれ人。良いものは良い。面白ければ何よりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする