本当におすすめしたい音楽のありか-Boards of Canada

初めてその存在を知ったのは渋谷のHMV、当時は渋谷で働いていたので、よく渋谷に居たのですが、HMVに入ると新譜が視聴できるようになっていて、気になったCDを片端から視聴していました。で、その折に出会ったのが最初。新譜として発売されたセカンドアルバムのリリースが2002年だそうで、それからもう何十年も飽きずに、未だ新鮮な思いで聴くことのできる、それはもう貴重な音楽であると思います。

音楽というのは、出会った際の自分とどれだけ呼応するか、というのがとても大事な要素だと思います。本当に素晴らしい音楽だとしても、自分自身の耳が出来上がっていなければ、その良さはわからないです。で、あるときふとしたきっかけでその良さに気付いたりします。巡り合わせなので必ずしもということではないのですが、時にふと気付くことがある。セカンドアルバム「geogaddi」は、まさにそういう音楽でした。

最初HMVで聴いたときは、よくわかりませんでした。でもなんだか気になって、CDを購入はしたんです。当時の私は、どちらかといえば速い音楽をよく聞いていて好んでいたので、だから初聴のときはピンとこなかったのです。で、数年経って、ある時ふと気になってCDラックから取り出して


CDラックから取り出す、という行為をこの数年していない!ということを、今書いてみて気付きました。今は音源はPC内にあるので、クリックで済むのです。以前はCDラックに沢山のコレクションが並んでいて、その中から折々の気分に沿った音楽を見繕ってオーディオにセットして、再生ボタンを押して、という過程を経なければ、音楽を聴くことはできなかったのです。少なからず自身のコレクション、「CDラックから探す」という行為は、楽しいものだったのだということに改めて気付きました。


CDラックから取り出して聴いてみたら、「あれっ?」と。何かに気付いたのです。それが Boards of Canada の音への気付きでした。それからは幾度となく際限なく聴いています。「geogaddi」だけでなく、彼らの音楽はすべてが素晴らしいと思います。どう素晴らしいって、その音は、日々のあらゆる場所に適合する、似合うんです。どんな場所であっても鳴っている、日々の折、空を見上げても、虚ろであっても、寝る前のひとときでさえ。そんな音楽がどこにあるだろう?

2015年現在での最新のアルバムは「Tomorrow’s Harvest」です。この曲なんかもう、死の際に連れていかれそうになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする