子の筆致

帰宅したら机の上に何枚かの紙が置いてあり、それぞれに何かが描かれていた。 どうやら子が描いたものらしい。 文字になる以前の、色とりどりの、おそらくはそのひとつひとつを夢中になって描いたのだろう。 微笑ましく、そして何だか…

すざんまいし

娘が平仮名や片仮名を読めるようになってきて、街にある看板を読みはじめたりする。 浅草に行った際、「すざんまいし」「すざんまいし」と言うので、何?と聞いたら指さした先には「すしざんまい」の看板があった。なるほどそうだね、「…

運動会

体育の日、娘の保育園での運動会でした。様々なプログラムが園庭で繰り広げられ、先生方の尽力が本当に身に染みて有難く、そんな中で子供たちが親に向けての日々の成果を見せるという行事。 日々一緒にいることで気付きにくい子の成長は…

Scroll to top