東京

  都会の一角でシャッターを押す。墓地と高層マンション。いずれも狭いところに肩を寄せ合いながら、ひとところに収まっている。   高度経済成長の時代、各地で開発が進み、東京のあらゆるところで土が掘り返さ […]

虹の季節

丁度去年の今頃、都内に立ち上がっていた虹。六本木より観測。新橋あたりから天に向かっている。新橋の人たち!虹の麓ですよ!とお伝えしたい衝動甚だしかったことを記憶している。 梅雨時は虹が見えやすい季節だ。虹の記憶は湿気が伴っ […]

猫の形

以前に知人宅に訪れた際に撮った、猫の写真。 よく見ると(よく見なくても)全体的に、不思議な形をしている。 尾の先まで神経が通っているというのは、どのような心地だろう。 あらゆる猫は世界征服を企んでいると言っていたのは、ど […]

夢中は夢の中

水玉。色々な大きさの円。色彩様々。赤、青、橙、藍、紫。その合間をバス?が走っている。 作り手は、どんな思考の経緯でこれを作ったのだろうな。むしろ特に何も考えずに赴くままだったのだろうかな。 いずれにせよ、作っていて楽しく […]

乱歩の世界観

この写真、どこで撮ったかは忘れてしまったのですが、その色褪せ具合、フォントの持つ力も相まって、背表紙の並びだけで迫力があります。怖いけど見てみたいという風情。幼い頃、母に連れられてよく行っていた図書館で借りていたものと、 […]

断面

通勤途中に見上げた風景。 普段は気付かないものだが、改めてフィルターを通しての風景を見つめなおしてみると、随分と不思議な世界にいるものだと思う。

紫陽花をじーっくり、見る

紫陽花の季節です。先日、近隣の神社で咲いていたものです。 写真を撮り、改めてじっくり見てみると、花弁の繊細や、色模様が面白い。 じっくり見たり、全体を見たりです。 あっ、色がついているところは花弁ではないんでしたっけ、葉 […]