夏に身体が入っていく

夏の暑さに身体が徐々に慣れつつありますか?   「季節に入っていく」という言葉があるかないかは知りませんが、おぼつかない季節の移り変わりに、身体を合わせていく必要はあります、というか、考える考えないとかではなく […]

嵐の名残

今朝の寺の参道には、昨日暴れまわった豪雨と雹の名残、青いイチョウの葉っぱがびっしり。 その凄まじさがわかります。   春の桜でピンク色の参道/秋の落葉で黄色い参道 →心がわくわく 夏の嵐による緑の落葉 →心がざ […]

たなばたかざり

登園したらたくさんの七夕飾り。   七夕って、もっと盛り上がってもよさそうなイベントですが、うらはらに、今くらいの規模感で、あっという間に過ぎ去っていくのが丁度よいのかな。 ハロウィンみたいに商業主義にのっかっ […]

見上げたらオレンジ色

見上げたらオレンジ色。   しばらくゆとりがある生活かと思っていたのも束の間、そうは問屋がおろさない。 ん、この場合の「おろす」は「卸す」か「降ろす」か。問屋だからやはり「卸す」だろうか。 →正解は「卸す」。  […]