蝉の鳴き声を見上げる

summers

8月も間もなく終わる。というかまだ8月なのにずいぶん涼しい。
それでもまだ8月なので、まだまだ蝉が鳴いている。
が、涼しさに鳴き声が似合わない。
夏よ、まだ終わりじゃないだろうと、名残惜しそうに鳴いているように聞こえる。

今年の夏は蝉が多かった印象だ。
年によって、蝉が多い年と少ない年があるらしい。
今年はどうだったのだろう、印象としては、多かった。
沢山の蝉の死骸を見た。
数年前、日比谷公園の噴水に、沢山の死骸が浮かんでいるのを見たのを思い出す。

蝉の鳴き声を聞かなくなるのはいつごろのことだろうか。
今日はまだ鳴いていた。明日は鳴くだろうか。
蝉はそのうち鳴くことをやめるだろうが、
鳴くのをやめたことに果たして私の耳は気付くだろうか。

まだ蝉は鳴いている。
夏は終わっていない。
蝉の声が消え、夏の終わる瞬間に、私は気付くだろうか。
(きっと気付かない。いつも夏は不意に終わってしまう)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする