アタマが大きいとアタマがいいのだろうか?

~20130825 043

いつも行く駒込の理髪店に髪を切りに行った。それなりに短く、というリクエストに、じゃあ8ミリにしますか、もうちょっと切りますか、5ミリくらいにしておきますか、ええ、じゃあ5ミリで。バリカンを入れて、ある程度アタマの周囲の髪が短くなった段階で、

「アタマの形、いいですよね」と言われた。

髪を短くするとよく言われるのだけれども、自分ではよくわからなくて、でも確かによく言われるからきっとそうなのだろう。アタマの形がいいって、どういうことですか? と聞くと、ちゃんとした卵型になってますよね。後頭部が絶壁になっていたり、いびつな形をしていたりする人って、やっぱりいるんですよ、とのことだった。そうなのか、自分では直接見ることができないからよくわからないけれども、それはそれで有難いことなのだ、親に感謝だ、と。

で、話の流れで、

「このあたり、場所柄、東大生がたまに来たりするんですよ。でね、経験的なことなんだけど、東大生って、アタマが大きい気がするんです。」

えっ?!本当ですか!?

「たまたまかもしれないですけど、やっぱり沢山の人の髪の毛を切ってきてるから、思うんです。たまに来る東大生って、みんなアタマが大きくて、やっぱりアタマがいい人って、アタマが大きいんだなーって。」

えっ、だとしたら、東大のキャンパスとか行ったら、みんなアタマが大きいんですかね?

「あー、それはどうですかね。女の子とかって、そんなことないでしょうしね。たまたまですかね。」

たまたまだとは思うのだけれども、さすがに理髪師さんが仰るのだから、あながち間違いではないのかもしれない。検証に値するが、さてどのアプローチから検証すればよいだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする