David Bowie/Rock’n’Roll Suicide

69歳で逝去とのニュース。突然過ぎてうまく解釈ができない。

昨夜書いたエントリーで、巣鴨のエスカレーターからの永遠を書いたばかりであり、その他にも、2015年10月15日2015年9月7日のエントリーなどで折に触れ、少なからず自身の美学の形成に影響を受け、気付けば耳の奥で鳴っているその音楽を生み出した彼が逝ってしまったとは、まるでよくわからない。

宇宙の果てに行ったのか。本当の永遠となってしまったのか。

心からのご冥福をお祈りいたします。
ありがとう、というにはまだまだ彼の音を聞き足りない。
聞き足りることなどありはしなかろうが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする