まるで夢の国体験―ディズニーランドに行ってみた

like-a-dream

東京ディズニーランドに行きました。そこには確かに夢の国。混雑相当でしたが、平日なのでまだすいているほうなんでしょう。

「混んでるときって、人をかき分けるような感じになるよ」と聞いていて、まさかぁと思っていましたが、行ってみれば確かにそうだ、と思います。

 

 

disney-1

思ったのは、今でも揺るがない人気を誇るにはその理由がきちんとある、ということでした。至る所にきめ細やかな配慮が為されており、夢の国を夢たらしめている演出、建築、スタッフの心遣いが徹底されているのです。

アトラクションの刺激具合も丁度良く計算され、高揚がうまくコントロールされます。ファストパスの仕組みとかも、よく考えられているなと、感心しきりです。

 

disney-2

高校時代の同級生に、ディズニーランドが大好きで、夢はディズニーランドで働くこと、と当時から豪語していた男子が居ました(あだ名はミッキー。これ本当)。

で、のちの同窓会で再会した際に聞くと、ディズニーランドで掃除の仕事をしている、と言っていました。夢叶えたり!

 

disney-3

働いている人たちが、きちんとお客のことを見ていて、考えて行動しており、しっかりとした教育がされています。そういうところは徹底されているんでしょう。

ディズニー関連の本って沢山出ているんですが、ちゃんと読んだことはないので、読んでみようかなと思った次第です。

読んで得する ディズニー本! 読書離れなんてもったいない!

 

disney-4

ディズニーランドで働く人たちは、おそらく夢の国で働くことが夢で、それを叶えた人たちなのでしょう(たぶん)。

であるとすると、日々の現実が夢であり、どこまでが現実でどこまでが夢なのか、その境目が曖昧になって、なんかアタマがおかしくなってしまうんではなかろうか?とか勝手に思いましたが、きっとそんなことはないはずで、

朝から夕方まで居ましたが、確かにまた行っても良いと思うような、夢の国体験でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です