長年履いた靴を手放す心地

image

愛用していた靴を手放しました。

確か購入したのは渋谷のセンター街にあった靴屋で、「長い時間履いていても疲れないビジネス用の靴をください」という要望に、店員さんが出してくれたものだったと記憶しています。価格は1万円ちょっとでした。たまたまその時に、スーツを着るバイトか何かをして、それで急に必要になったのです。結果、その時にはわかりはしませんでしたが、それから10年を超えてお世話になりました。

現在の職場で働くようになって5年が過ぎました。そこでは日々スーツを着用するものですから、この靴を毎日のように履いていました。で、さすがに毎日履くので、靴も随分とくたびれ、途中皮の繋ぎの糸が切れて穴が開いたようになりました。一度は修理しましたが、それから1年くらい履いて、更に二箇所ほど穴があいてしまい、もうよいだろうと、結局新しい靴を買うことにしました。しばらく自宅の靴箱で眠っていましたが、もうこの先履くこともなかろう、長い間本当にありがとう、と、先日手放しました。その履きやすさに、改めての感謝です。

履いている間は忘れてしまったりしますが、日々の足元を確実に重要に守り司る靴というもの。今まで実に沢山の靴を履き、気に入ったり気に入らなかったりで、そして昨日も今日も明日もきっと何かしらの靴は履きます。良い付き合いをしたいものだ、という関係性はもちろん、それでもいつの日かはお別れせねばなりません。

靴は日々の生活と密接に濃密にかかわっています。良い出会いと良い付き合いをするならば、良いお別れもしたいものだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする