北軽井沢スウィートグラス。新緑の輝きに包まれる至極の体験

sweet-grass

保育園のバンド仲間・計6家族で、北軽井沢スウィートグラスというオートキャンプ施設にキャンプに行きました。コテージを2つ借り、1泊2日で新緑を満喫。想像をはるかに超える、すばらしい体験でした。そして想像に違わず、良き時間は、あっ!という間に過ぎ去ってゆきました。

夕方ころにバーベキューの火を起こしてからは、あれよあれよと気付けば夜。目覚めての朝、新緑が輝く朝の空気は忘れがたい至極。大きく息を吸い込めば、多くを忘れ、その場に居る幸福を実感。暑くもなく寒くもなく、樹々を抜ける風はさらさらとしており、身体から余計なものが抜け出ていくような心地。

なんだここは!これが軽井沢か!と、今までほとんど知らなかった軽井沢の、街の持つ魅力を体感しました。多くの人が訪れるのもおおいに納得。

同時に軽井沢という場所への興味が急激にわき、帰宅してからは以前録画していた「ブラタモリ」の軽井沢編を見てみたり。行く前と興味の度合が違うので、解説される情報にいちいち「なるほどそうなのか!」と感心しきり。

いや、本当に良かったです軽井沢。また行こう。そしてまた明日からもがんばることができそうだ。

いやむしろ逆に、軽井沢への恋慕が募り、仕事の最中も新緑の夢想に入り込んでしまいかねない。それはそれで仕方がないほどの余韻が未だ身体に残っております。

あの空気感をできるうかぎり忘れないようにいてくださいね身体、と言いたい。

karuizawa-sweet-grass

北軽井沢スウィートグラスは、キャンプ初心者からベテランまでが楽しめる施設だそうです。自分たちでテントを張っている人たちは、すっかり慣れた様子でテントの用意をしたり、バーベキューをしたりしていました。時間がなくて施設をまわることをしなかったのですが、ツリーハウスがあったり、瞑想小屋があったり、イベントがあったりと、いろいろな方法で楽しむことができる施設のようです。

北軽井沢の自然は四季ではなく、16季あると言われています。

(北軽井沢スウィートグラスWebより)

16季ってなんですか!

季節の細かな機微を楽しむことができるんでしょうね。また行きたい!です。

軽井沢でいろいろなことを忘れた#北軽井沢スウィートグラス

A photo posted by nawachiyo (@nawachiyo) on

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする