コニョ

20161031-konyo

今日は猫がいた。初めて見た猫だった。

親しくなったキキではないし、たまに見かけたメネでもない。娘ルールで、キキとメネ以外の猫は全部「コニョ」なので、今回初めて見たがこの猫は「コニョ」だ。

って、ずいぶん乱暴なルールだ。

このコニョは初めて見たが、日差しを浴びてずいぶんと気持ちよさそうにしていた。近づいても夢見心地が勝ってまったく動こうとしない。だいぶ近づいても、ちらりとこちらを一瞥するだけ。

10月最後の日差しを存分に浴びて、さぞ気持ちが良かっただろう。どうぞゆるりとしてくださいな。

 

普段日記を書いているが(現在は5年日記の1年目)、月の終わりにはそのひと月を見返して俯瞰し、起こった出来事を簡単にまとめて書き出す、ということをしている。すると結構色々なことをしたことがわかるし、ついこの間のことが、すっかり忘れてしまって随分以前のことだったように思える。

10月は両親・兄家族と浅草で食事をした。あとはよく飲みに行ったり、バンドの練習がはじまったり、なんだかだといろいろなことをし、そしてあっという間に過ぎ去っていったのだな。

という感覚ときっと同じくらいの速度感で、この2016年は過ぎ去ってしまうのだろう。あと2か月ですね。冬の到来をまるで楽しんでしまいましょうという心地で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です