ポテトのLはちょっと多くて胸焼け起こしますがそれでもつい、食べてしまいます

mac

仕事のおり、ランチで週に1、2回マクドナルドに行きます。

オフィスワーカー(職員)専用のカードを見せると、500円のエグチ(エッグチーズバーガー)セット(ポテトM・ドリンクM)が、Lセット(ポテトL・ドリンクL)になるというのを先日知ったのです。おっお得だね、とカードを見せてLセットにしてもらいます。

が、ポテトのLはちょっと量が多いんです。ドリンクはLでよいのですが、ポテトがLだと食後に胸焼けを起こします。なので昨日は「ドリンクはLで、ポテトをMにしてください」と言ってみました。

店員「ポテトもLサイズになりますけれど」

僕 「いや、Lだと多いんで、Mでいいです」

店員「こちらのカードで、ドリンクもポテトもLになりますが」

僕 「いや、ドリンクはLでいいんですけど、ポテトはMでいいんで」

店員さんはレジを見ながら困った表情を浮かべます。そんなオーダーはマニュアルには書かれていないのでしょうか。あるいは別のなにか困ったことがあるのでしょうか。

僕 「ドリンクはLで、ポテトはMっていうのはできないですか」

店員「どちらもLでご用意できますが」

僕 「いや、ポテトはLだと多くて、Mにしたいんですけど」

店員「・・・・。」

僕 「ああ、じゃあどちらもLでいいです」

店員「(笑顔で)かしこまりました」

まだ不慣れな店員さんだったのでしょうか。あるいはそういう対応はできないのかもしれません。全部食べずに捨てればいいといえばそうですが、どうもそれはできなくて、結局全部食べてしまいました。

というわけで、やはり胸焼けを起こしたのでした。

まあそもそもが「M・M」のセットのところを、カード提示の特典で「L・L」にしてあげるのだから、あまり余計な要求はしなさんな、黙って「L・L」にしときんさい、ということになるでしょうか。

次も「ドリンクL・ポテトM」にトライ!してみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする