ムスメメモ⑤

musume-memo-5

厳密にいうと「メモ」ではなくて「日記」です。たまに気が向いたときに書いている絵日記。

今日はダンスの練習に行ったので、その様子が書かれています。だんだん慣れてきて楽しくなってきたのでしょうか。それでもまだ硬さが抜けず、緊張している感じがします。まあ少しずつでしょう。

レッスンは40分ほど、小学校入学前・3歳~6歳くらいの子どもたちが10数人います。当然ですが子どもそれぞれで個性があり、上手な子、上手ではないけど楽しそうな子、気が散ってしまう子、見ていて楽しいものです。

娘は真面目にやっていて悪くはないのですが、振り付けを間違えてはいけない、みたいなところに気がいっていて、いまいち踊りの「楽しさ」を感じられていないようです。間違えてもいいのだから、むしろ楽しくやる方がよいだろうにと思いますが、そのあたりは性分なのでしょうか。「間違えてもよいから楽しく」とは思うのですが、翻ってみれば私自身も子供のころから「間違えちゃいけない」という気が強かった気がします。間違えて失敗した方がよいのにね。そのあたりを学ぶ・実感する、そして教えるっていうのは、なかなか難しいものです。

とか思いながら娘が踊っているのを見ています。

今までもたくさん間違ってきたし、どうせこれからもたくさん間違うのだろうから、やっぱり「間違えてもよいからやってみる」「トライする」という姿勢を持ち続けていたいものであります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする