【日本橋クルーズ】東京湾から神田川。新たな東京体験記

nihonbashi-crusing-1

日本橋クルーズに行ってきました。

出発はお江戸東京、日本橋のたもとから乗船します。

船の定員は61名で、本日は40名ほど乗っていたでしょうか。

#日本橋クルーズ

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

クルーズプランは45分、60分、90分とあり、今回は90分の日本橋・神田川ぐるり1周コース。13時からの出発です。

nihonbashi-crusing-2

ガイドさん(リバーガイドというそうです)の豊富な知識とユーモアあふれるガイドが面白く、楽しませてくれます。

「橋や川岸に居る人に、ぜひ手を振ってあげてくださいね。その時は、優越感に浸った感じで優雅に手を振るのをおすすめします」

ガイドさんはボランティアでのガイドらしく、神田川 船の会というところの方だそうです。

「神田川船の会」は、《甦れ神田川!》をテーマに、未来に託せる美しい川・水辺の復活と環境整備に貢献すべく、公益財団法人 東京YMCAが主催し東京グリーンワイズメンズクラブの後援で1979年に発足いたしました。

神田川 船の会 概要

nihonbashi-crusing-3

下から見上げる高速道路の高架下。普段見られない視点でおもしろいです。

#日本橋クルーズ #スカイツリー

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

東京湾に出て隅田川、清州橋越しのスカイツリー。

nihonbashi-crusing-4

「銀河鉄道999」で知られる漫画家・松本零士氏デザインの船「ホタルナ」ともすれ違い。

nihonbashi-crusing-5

神田川に入っていくと、浅草橋付近の屋形船の船着き場があります。

nihonbashi-crusing-6

川沿いの建物。室外機とか布団とか。

nihonbashi-crusing-7

橋の下をくぐりぬけるのも面白い。

こういう機会じゃないと、見られない視点です。

nihonbashi-crusing-8

電車が走っている鉄橋を見上げる。

「明日もお元気で!」と書かれた看板。

nihonbashi-crusing-9

正面は御茶ノ水・聖橋。

nihonbashi-crusing-10

手を振ると、結構多くの人が手を振り返してくれます。

河岸工事中 #日本橋クルーズ #中央線

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

御茶ノ水と水道橋の間のあたり。河岸の工事と中央線。

nihonbashi-crusing-11

常盤橋は工事中でスケルトン状態。2年後に完成とのことで、現在のこの状態を見られるのは今だけとのこと。

nihonbashi-crusing-12

90分は長いかな、と最初は思っていましたが、思いのほかあっという間にぐるりひと回りで、心地よい船の旅でした。天気が良かったのが何より。夏場や冬場は暑かったり寒かったりで大変かもしれません。陽気の良い時の乗船が良いでしょうね。

あとは桜の季節も良いと思います。クルーズしながらの花見なんて、最高でしょうねー。

東京を川から見る経験は、今まで知らない東京の姿をまた知ることができます。

というわけで、充実満喫の、日本橋クルーズでした。おすすめです!

詳細はこちら→日本橋クルーズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする