夏いずこ、今の季節はどの季節

nowhere

夏がやってこない。どこにいったのだろう。曇り空が続く7月の終わりは梅雨とは名ばかりの、何か妙な季節に入りこんでしまっているのではなかろうか。

ぎらりと照りつける夏の日差しがやってきたらやってきたで「暑いなーまいったなー」とか言うくせに、いざそれが来ないなら来ないで恋焦がれる。「おおはやくあの暴力的な光よやってきておくれ」とか勝手なことを言ったりする。過ごしやすいのはよいが、暑い夏が来ないことで困っているところもあるだろう。海の家とかアイス屋さんとか。

7月ももう終わろうとしているが、まさかこの梅雨空のまま終わってしまうのではなかろうか。それじゃあなんとも味気ない。7月下旬、夏のはじまりにはやはり「夏が来た!」と大声で言いたいし、「夏は来たんだけど、地表にはまだ涼しさが残っていて、この時期だけの特別な夏の感じがいいんだよ!」とかビールをごくごくやりながら言ってみたい。

暑くなれば海にも行きたくなるし、喉をならしてビールを飲みたくなるし、夜の庭でバーベキューとかやりながらわいわいしたくなる。そのためにはしばらく暑さにさらされる時間が必要で、その暑さにじりじりやられ、その先にある夏の晴れ行事を待ちわびる気持ちが増していくのである。

むむん。待ちくたびれている。早く来い夏よ来いもっと来い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする