8月。

  昨夜の月は特別な月とのこと。8月のはじまり。夏と週末と満月が重なると、街がぎらつく。仕事の後の六本木交差点、それこそまさにぎらぎらしていた。写真は皇居御幸通りのあたりから東京駅方面。沢山のビル。 大手町のあ […]

201507-夏

いつでも7月は不意に過ぎてゆく。 それは梅雨とか夏の入り口とか夏の只中とかが目まぐるしく、あっ来たな、と思っていたら、すぐさま過ぎ去っていくからだ。 気付けばいつも7月は末日になっていて、今年も然りだった。 きっと今まで […]

夏が只中している

夏が只中しているね。 空はあまりにも空、日差しはあまりにも日差し。 思考は放り出され、視界は光量強すぎ、ぶんぶんとアタマを振ってもどこにも逃れられないね。それが夏だ。夏の本当だ。 「うおぉーーー!!夏だぁ!!夏だぁ!!」 […]

綱の孤高

今年の名古屋場所は白鵬の35回目の優勝でその幕が降りました。 照の富士や鶴竜、栃煌山にも途中優勝チャンスはあったわけですが、結果として、やっぱり白鵬だったか、という今場所。やっぱりちょっと格が違う白鵬の相撲、それはもう本 […]

相撲のこと

相撲、好きなんです。 本当に面白いと思います。   2か月に1場所。年に6場所。その興行スタイルがちょうど良いのです。15日間見続けて、優勝を巡る攻防にわくわくして、そしてしばらくはお休み。熱して冷める。丁度よ […]

変わらぬ風景にあるフラット

故郷の田園を走る道路から。夏の入り口に照らされる田んぼが延々と。抜ける空、縦横する電線。好きな風景のひとつ。 帰省すると家族で車に乗って色々な所へ行く。その際によく通る道。まっすぐの道路をひた走る。いつの頃からかこの場所 […]