ただ、走る

IMG_7891-1

走るという行為、ただそれだけに還元されるのが、走ることの楽しさかもしれません。

色々なことがあって、途方に暮れたり、ざわめいたり、空を見上げたりしていても、なんかただそれだけなので、とりあえずは走り出すことから始めてみます。風景は歩くときのそれとは違い、走るときの速度で周囲は流れ去り、だんだんと疲労をしていき、余計なことを考えなくなっていきます。ただシンプルに、走っているという状態にのみ陥り、少なからず走っている間は、一歩一歩前に進むことができており、ずっと立ち止まっているよりは、ちょっとは良いのではなかろうか、という気になってきます。

色々と考えたい思いたいこともありますが、変わりゆく風景に気を取られ、自然をただ感じてさえいれば、まあそれでよいのではなかろうか。あるがまま、なるようにしかならないと、だんだんと息が上がってきたら、少し速度を落として息を整え、たとえ歩いていても進んではいるのだから、一歩一歩、自分の速度でしか進むことはできないのだから、それでよいのだろうと思います。疲れたら、ちょっと休んで、そして再び走り始める。純粋に、ただ走る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする