皇居ラン

you-cue

日曜日、2/7、久々の皇居ラン。

自宅から皇居までが4km、皇居一周で5km、帰路が4km、計13kmか。さすがに帰路は疲労。身体に聞きながら、走りの具合を確かめながら。しかしあと3週間後には、もっともっと走るのである。今少し距離を長く、20kmくらいをしっかりと走り切るくらいの準備が必要だ。

走りながら色々考えるのだが、ほとんどは風に吹かれて忘れる。なんていうとちょっとかっこいいね!とか思うけど、本当にすっかり忘れた。思考はぐるぐる巡り、身体の疲労と対話し、風景に思いが行き、あるいはきれいな光景を見たら写真を撮ってみたり。結構慌ただしい。ゆったりゆっくり、ただ単純に走るという行為それ自体に没入したい。いやしているのだろうか。なんて思いながら走る。

今日はベートーベンの3番を聴いた後、Boards of Canada の Tomorrow’s Harvest を聴きながら走った。身体の疲労も手伝い、すっかり悠久な心地になった。たまにそういう心地に身をさらすのは多分良い。広い場所で、自分何してるんだろう?とか問うのは大事だと思う。

とか思いながら走っていて、そのことは思い出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする