空高く紅葉する見上げて過去を思い出す

kouyou-1611

いつものお寺の境内にて。立派に見事に紅葉する樹。青空とのコントラストが清々しい。

 

何の樹なんだろう?

 

それなりに大きな樹で、モミジとかではなさそうで、今度葉っぱを拾って調べてみればよいのだな。うん、調べてみよう。そうしよう。

 

そんな風にして調べたりするような子どもではなかったな自分はきっと。葉が赤く染まって外気が下がってくることとか、季節の移り変わりとかって、子どもの頃はそんなに敏感に感じていなかったような気がする。

季節を積み重ねてきた経験が、さらに積み重ねる季節を彩り豊かに見せる、より色鮮やかに見せてくれるような気がする。

自然のおもしろさを肌で理解するには、それなりの年月を経るべきなのだ。となると、これからさらに年齢を重ねていくことで、もっともっと自然がおもしろくなるということか。それは楽しみだ。

 

 

約1ヶ月前に同じ場所で撮った写真には猫のキキがいた。

もうすっかりキキは見ない。きっと近くにはいるのだろうが。

 

季節が変わる #寺の猫

A post shared by nawachiyo (@nawachiyo) on

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です