同じ日差し

switch-off

中目黒のオフィス/コミュニケーションプレイスである the works のオープニングに訪れたのが丁度1年ほど前のことだった。洒落た空間に覗き込む日差しは秋の終わり頃の柔らかだった。当時は空き部屋だったこの場所は、すでにどこかの誰かが契約し、日々の営みの場となっているだろうか。季節が進むこの頃も、同じ日差しが入り込んでいるだろうか。

愛用していたカメラ canonS120 を水没させてしまった先週より、手元にカメラが無いことが落ち着かない。帰宅しての机上には S120 があるのだが、もう動かない。このブログの写真はほとんどがそのカメラで撮った。手元にあるそのカメラのレンズを通してこのブログがあると言っても言い過ぎではない。沢山の場所を共にした。心よりのありがとうを伝えたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする