運動会

sports-day

体育の日、娘の保育園での運動会でした。様々なプログラムが園庭で繰り広げられ、先生方の尽力が本当に身に染みて有難く、そんな中で子供たちが親に向けての日々の成果を見せるという行事。

日々一緒にいることで気付きにくい子の成長は、行事において改めて明らかになります。自分で考え、判断し、身体を動かす子の姿、そのこと自体に、親は勝手に感心したりします。

 

子が大きくなりつつある、なり続けている現場に立ち会っている実感と共に、自身の親も同様に感じたものだろうか、とか思います。子育ては、まるで未知なこととの出会いの連続で、逃げも隠れもできずに自身が当事者で、そんなことが大変だけれども面白いと感じる実感が、過ぎ去ればかけがえのない瞬間瞬間だったと、この先で思うだろうか?

きっと思う、もう終わってしまったけれども、保育園での運動会の瞬間とかって、なんだか幸福な時間だったな、とか思い起こすだろう、とか思いながら観ていたら、

 

 

そんなことを思う隙間もないほどに、園児たちのパワフルで自然なまま居る姿には考えるとかいう余地もなく、ただその瞬間瞬間の園児の躍動を目撃すれば良いのだと、考えすぎはあかん、楽しかった、その姿を観て、笑ったり拍手したりして、あっという間に終わった、ただそれだけで充分。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です