夏ぎらっ、さらっ

houmusyo

桜田門から法務省方面を見やる。空が夏。

日差しは夏のそれで「ぎらっ」としていますが、抜ける風はまだ梅雨の涼やかで「さらっ」としています。

このわずかな夏のはじまりが良いのです。夏のさわやかを堪能できるのは今このひとときだけ。

あっという間に過ぎゆく夏を刻みつけようと、また今日も次に行くべき場所に向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする