嵐の名残

今朝の寺の参道には、昨日暴れまわった豪雨と雹の名残、青いイチョウの葉っぱがびっしり。 その凄まじさがわかります。   春の桜でピンク色の参道/秋の落葉で黄色い参道 →心がわくわく 夏の嵐による緑の落葉 →心がざ…

見上げて木ぃ高い

2017年が半分終わろうとしているぢゃないか!! と、きっともう終わってしまい、2017年下半期が始まってしまうではないか!   年の明けには様々な期待やら前途やら不安やらを抱いて迎えた2017年という年は、思…

6月の朝のわずかの

朝、娘を連れての寺の参道。 猫探しをしていたら、墓の間の路地の先に猫がいた。最近よく見る猫で、娘が「ころん」という名前をつけた。娘はその猫のほうにゆっくりと近づいていく。   この先には墓地がずっと奥までひろが…

猫久々

節制のおかげでしょう、体調も戻って参りました。有難い限りです。とりあえずは普通に食事することもできるようになり、あとはビールをぐびり!とやるまでの回復を待ちます(まだもう少しでしょう)。   今朝、いつも寝起き…

猫見つめ合う

遠目の写真にて画像が荒いのですが。 寺の墓地の間にある道で猫が見合っていた。 寒いのにいるなあ、猫。 見つめ合う猫同士はいったい何を思い、どうしてやろうと思っているのだろうか。

Scroll to top