ストレスと向き合うことが成長へのチャンス。『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』ケリー・マクゴニガル

the-upside-of-stress

日常生活を送っていると、大なり小なり、あらゆる種類の「ストレス」がやってきます。否応なく、今までも、そしてこれからも。

 

ところで「ストレス」という言葉、概念について、あまりちゃんと考えたことが無かったような気がします。そもそもストレスとは、自身の負担になり、不安や不満の原因になり、度重なれば病をも引き起こすような、属性としてそもそもが「悪い」ものだと思っていました。

が、どうやらそうではないのです。むしろストレスについてよく知り、ストレスを感じている自分自身を客観的に見つめてみる。いくらストレスから逃げ出そうとしても、ストレス自体が無くなるわけではありません。

それよりも、きちんとそのストレスと向き合い、受け止めること。そして対処できる自分になることが、ストレスとの最良の付き合いであり、より自分自身を成長させる術であると、本書は述べています。

 

なるほど、今までの生涯において、自分が成長したと実感する時期の頃を思い出すと、そこにはそれなりのストレスがあったことに気付きます。ストレスを乗り越えようとしたからこそ、どうにかしようと考え、行動し、結果としての成長が訪れた。

例えば緊張したり、大事な場面になったりすると、自らの意思に反して、心臓はドキドキします。そのことに更に緊張が高まったりしますが、それは身体自体が全身に血を送り、これから来る大事な場面に備えているのだ、と考えることで、より力を発揮できるのです。

 

ストレスと向き合う態度、ストレスに対しての考え方を、変えさせられる本書。ストレスは必ずしも悪いものではなく、むしろ逆手にとって、逆境こそを楽しんで、力にすべしということでしょう。なるほど面白いです。

 

そして本書の最後に「新しい考え方は、ひっそりと根を下ろす」とあります。

おっ、なんかいい表現だな、と思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です